下北沢OPEN MIC  【OPEN MIC まとめサイト】


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

セッションって何?

はじめまして!
こちらでは、初めてセッションに参加される方や、
セッションって何?という方たちのために、
イベントのご紹介などをさせていただきます。

①ジャムセッションって何?
②イベントの流れ
③セッションは怖くない

555551234.jpg



①ジャムセッションって何?

OPEN MIC(オープンマイク) は、いわゆる「セッションイベント」です。
お店に行って、その場にいるお客様、スタッフで、
一緒に演奏を楽しもうというイベントです。


セッションとは、その場にいる人たちが、みんなで一緒に演奏することです。
主に、継続的ではない、その時だけの演奏を指します。

ジャムセッションとは、その中でもさらに、自由な演奏を指します。
既存の曲や構成に縛られず演奏するケースの場合が多いです。



セッションは、ライブや、クラブイベントとは違います。
生演奏で、下準備や完璧な演奏が求められず、
みんなで一緒に音を出す楽しさを味わえるイベントです。

セッションには、「音楽が創られていく瞬間」があります。
ミスしても、それもセッションの醍醐味なんです。大丈夫!

とにかく演奏したいときに。
気軽に生音を楽しめるイベントとして。
演奏のスキルアップのために。
忙しくてバンドはできないが、誰かと一緒に演奏したい、という方のために。

イベントのご利用方法は様々です。どうぞOPEN MIC をご利用ください!

毎週月曜日 17時~21時
charge :¥1500 + 1 order





②イベントの流れ

お店の3F、イベント会場に入場された際に、チャージとして1500円をいただきます。
これがイベント参加料となります。

ドリンクなどは2階のバーカウンターでお会計をお願いしています。
一度お店を出られましても、イベントの再入場は可能です。


イベントに参加されましたら、セッションに加わっても、
演奏を聴かれていくだけでも大丈夫です。

セッションに参加される場合は、
会場にあるセッションメニューから曲を選んでいただき、
演奏したい曲を、受付までお伝え下さい。

既存の曲だけでなく、
演奏を自由に進められるジャムセッションでも演奏できます。

ホストバンドやスタッフから、演奏する曲の提案を
させていただくこともございます。


受付の横に、演奏する曲が順番に書かれていきますので、
順番が来たら演奏です!
歌詞や譜面はお店に用意してあります。

曲を決める→受付に伝える→セッション

の繰り返しでイベントは進行していきます!


イベントは毎週月曜日、17~21時です。
20時を過ぎますと、イベント終了に向けまして、演奏曲を決めていきます。
終わりのほうになりますと曲を追加できなくなりますので、
20時を過ぎましたら、お早めに曲を受付までお伝え下さい!


staff4.jpg

↑受付の齋藤さんです




③セッションは怖くない

さて、謎が多い「セッション」ですが、じゃあ一体どうすればセッションできるの?


これは、とても簡単です。なぜなら、セッションとは先ほど述べたとおり、
「みんなで一緒に演奏する」ということだけだからです。


例えばあなたがビートルズのイエスタディを演奏したい、とします。
ボーカルでもギターでも、どの楽器でも、原曲に入っていない楽器でも大丈夫です。

一人で演奏するのもいいですが、
やはりバンドの曲はバンドで演奏したほうが楽しいものです。
OPEN MICに遊びに来て、「イエスタディを演奏したい」と受付に伝えてもらえれば、
足りないパートをスタッフ(ホストバンド)とお客様で埋めることができ、
すぐにイエスタディがバンド演奏できます!

これが、セッションメニューのどの曲でもできるのです!

間違えても、ライブじゃないし、ぜんぜん大丈夫です。
セッションって、一般的にちょっと怖いとか、入りづらいなどの
イメージが強いと思いますが、そんなことないんですよ。




その場で初めて出会った人と一緒に演奏するので、
セッションではコミュニケーションが大事になります。

いきなり初対面の人とうまく話そうと思ったら、
どうにか相手とコミュニケーションを取ろうとしますよね?
音楽も、それと一緒です。音楽は言葉や言語と、とてもよく似ています。

セッションに慣れている人というのは、まず演奏がうまいということではなく、
音でコミュニケーションを取るのがうまい、ということなのです。

これは、セッションをやればどんどんうまくなります。
そして、音でコミュケーションが取れるようになると、
今までとは全く違う音楽の面白さが見えてくることがあります。



具体的にどういうことが音のコミュニケーションかと言いますと、例えば・・・

ヴォーカルがいきなり声量を落としたら、周りもそれに合わせて静かになる。


これが、立派な音楽のコミュニケーションです。簡単そうでしょう?
これは周りの音を聴くことですぐにできて、
そしてこういう基本のコミュケーションが、もっとも必要になります。

どんな難しい音のコミュニケーションも、基本的にこの
「相手の音にも耳を傾ける」ということから成り立っています。
こういうところ、わたしたちの普段の会話と同じですよね。



セッションとは、だいたいそんな感じです。
音でコミニュケーションをとれると楽しくて、
さらにいい演奏を、いいコミニュケーションをとりたくなります。

そういった場を提供するのが、私達のOPEN MIC です。
一緒に、音楽で楽しい時間を共有しませんか?
会場であるトロカデロハウスなら、おいしいお酒や
最高のフランス料理もご一緒にお楽しみいただけます。

よろしければぜひ、一度トロカデロハウスまで足をお運び下さい。
毎週月曜日、お店の3Fでお待ちしています!


お店のMAP

Dscf4738.jpg

  1. その他
  |  Top page  |  

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。